8月31日にボルダ到着、4泊ホテルに泊まり、9月4日に家具付きアパートへ引っ越しました。

最初の1週間が猛暑
次の1週間が100年ぶりの大洪水
最初の2週間でやっと生活の準備も整い、プリンター、ノートパソコンをAmazonで購入
(ここで日本のAmazonほど便利ではないことに気が付く。Amazon Primeに設定して2 dayシッピング、日本の場合お昼までに購入すれば夜に到着する場合もあるのとは大違い。しかもPrimeの料金も高い。1 dayシッピングはさらに追加料金が要求される)

最初の準備で一番通ったところはBest Buyでした。日本に比べると電気屋さんが少ない気がします(日本が多すぎるのか)。

食料品は、Spurt、Safway(会員になったら会員割引がある)をよく利用します。

9/19 初めて涼しくなったと感じました。
9/22 ここは年間300日以上晴れらしいが、ここに住み始めて天気について気が付いたことがある。午後になると突然曇り始めて、強い風が吹き始めるときがたまにある。雨が降るときもあれば、降らない時もある。
誰かが言っていましたが、ここは「風の谷」らしい。

毎日、仕事帰りに、スーパーに立ち寄って、オーガニックと書いてある食料品が多いことに気が付きました。
最近まで詳しく知りませんでしたが、ボルダーはロハス発祥の地なんです。
私は宇宙居住について2つの研究テーマを持ってこの地に来ましたが、3つ目のテーマを見つけました。
スマートグリッドも有名ですが、ここのロハスはオーガニック食品とその供給の仕組みにあると思います。時間を見つけて、スーパーのオーガニックフーズ、ファーマーズマーケット、近隣の農家を巡っています。

bs1.jpg
食料品スーパーWhole Foods Marketの地元の野菜売り場

bs2.jpg
日曜日のファーマーズマーケット

bs3.jpg
農家から車で運んできて売っている様子がわかります。


関連記事
 

<< ボルダー 研究編(1) | Home | Inspiration Mars 学生デザインコンペ >>