今回の学会出張では、会場となっているベイルに行く前に、9月から客員教授として赴任するコロラド大学ボルダー校、火星協会のRobert ZubrinさんのPioneer Astronauticsに立ち寄ることも目的でした。


さて、第43回国際環境システム会議、今回のChairはW. Andrew Jackson、Texas Tech Universityです。彼とは、2年前にホテルのエレベータの中で立ち話をしたのを覚えています。

ices13-1.jpg
会場となっているコロラド州ベイルのマリオットホテルです。自分の部屋から撮った景色です。デンバーから3000メートル級の山々を超えてレンタカーで移動してやっとたどり着いた場所です。なかなか素敵なところでした。

ices13-2.jpg
月曜日の夕方にあった学生ポスターコンペティションです。このチームが優勝していました。

ices13-3.jpg
冬はスキーリゾートとして有名な場所です冬場は、いったい一泊いくらかかるのでしょう。

ices13-4.jpg
ゴンドラ乗り場の前のレストランで行われたOrbitechがスポンサーになったレセプションです。

ices13-5.jpg
バンケットの様子
KeynoteスピーチはPARAGON社のCEO Taber MacCallumさんでした。18年前にこの会議で私が初めて名刺交換した人です。アリゾナ州ツーソンのバイオスフェア2で2年間居住した8人のうちの一人です。あとのときはこの会社が、こんな有名な宇宙ベンチャー企業になるとは思ってもみませんでした。
内容は、Inspiration Mars: Private Mars Voyage in 2018 についてでした。詳細は後日報告します。

ices13-6.jpg
帰る前に、近くにあった小川を写真に撮ってみました。これからまたあの山を越えるのは大変だな~

関連記事
 

<< アナログミッション (1) | Home | 情報科学概論 課題2013春 >>