電子書籍版 生態工学ハンドブックVol.1が発刊されました。
以下の電子書籍の特別付録(Biophilia Extra)となっています。
すべての章が揃う2013年末には書籍としても丸善から出版予定です。

BIOPHILIA 電子版第4号 (2013年1月・冬号) 超高齢時代を快適に生きるための養生訓/医工学を知る-"ものづくり"推進編

Biophilia Extra
Vol.1 宇宙と閉鎖生態系・生態工学

1. 有人宇宙活動の将来展望 独立行政法人 宇宙航空研究開発機構 桜井 誠人、木部 勢至朗
2. 生命維持システムの現状 -国際宇宙ステーションを中心にして- 独立行政法人 宇宙航空研究開発機構 大西 充
3. 宇宙服技術 -最小の環境制御システム- 独立行政法人 宇宙航空研究開発機構 青木 伊知郎、山方 健士、木部 勢至朗
4. 宇宙居住と物質循環 -閉鎖生態系の実現- 東京女学館大学 宮嶋 宏行
5. 閉鎖型生態系実験施設を用いた閉鎖居住実験 ─食料自給および物質(空気・水・廃棄物)循環、ならびにトラブルシューティング─ 公益財団法人 環境科学技術研究所 多胡 靖宏
6. 宇宙食と食物栄養 名古屋女子大学 片山 直美
7. 宇宙での食料生産 山下 雅道
8. 生物に対する放射線の影響 社団法人 畜産技術協会 村松 晉
9. 宇宙飛行士と放射線 独立行政法人 宇宙航空研究開発機構 向井 千秋



関連記事
 

<< 物質循環制御システム研究開発用シミュレータ | Home | 生態工学 第25巻 第1号 >>