7月20日オレゴン州ポートランドで行われた国際環境システム会議において、以下のようなタイトルで発表を行いました。昨年は月面ローバーの移動を1次元モデルで扱っていましたが、本論文ではローバの移動を2次元に拡張した運用法を提案し、実際の運用で想定されるような状況に対応できるようにしています。

A Logistics Analysis and Control of Distributed Life Support Systems for High-Mobility Exploration

この会議の全般的な様子については後日報告します。


関連記事
 

<< Google Lunar X PRIZE 日本チーム オフィシャル・ファン・ミーティング Vol.3 | Home | JAXA ECLSS関連見学 >>