第54回宇宙科学技術連合講演会@静岡

2日目F会場で発表予定でしたが、
本日は日本高等教育評価機構実地調査のため大学待機を命ぜられ、2日前に発表をキャンセルしました。 発表予定だったスライドが以下のものです。


2日目 F会場: 1003
OS:宇宙で生きる! ~人間生存環境拡大の試み~ (OS:宇宙で生きる-1) 11 月18 日9:00~10:20 司会:大西充(JAXA)
2F01 有害ガス処理技術の研究状況○立原悟(JAXA)
2F02 籾殻からの炭酸ガス-水同時吸着材の開発○奥谷猛, 水戸賢吾, 内海友美(横浜国大), 大西充, 島明日香(JAXA)
2F03 省リソース型不要ガス除去の検討○大西充, 島明日香, 小口美津夫, 桜井誠人(JAXA), 奥谷猛(横浜国大)
2F04 活性炭表面を被覆した酸化チタン多孔性薄膜によるVOC含有空気の処理○白石文秀, 柴田祐一朗, 福田孝志(九大)

OS:宇宙で生きる! ~人間生存環境拡大の試み~ (OS:宇宙で生きる-2) 11 月18 日13:20~14:40 司会:白石文秀(九州大)
2F05 宇宙ステーション内における空気再生装置に関する研究○宇宿功史郎, 戸田勧(早大), 桜井誠人, 島明日香, 大西充, 吉原正一(JAXA)
2F06 サバチエ反応による二酸化炭素還元の低温化に関する研究○島明日香, 桜井誠人, 吉原正一, 曽根理嗣, 松本康司, 大西充(JAXA),阿部孝之(富
山大)
2F07 生命維持技術の開発に向けたMHIの取り組み○村瀬浩史, 本馬敦子(三菱重工)
2F08 有人宇宙探査を目指したECLSS ○桜井誠人, 島明日香, 大西充(JAXA)

OS:宇宙で生きる! ~人間生存環境拡大の試み~ (OS:宇宙で生きる-3) 11 月18 日14:50~16:10 司会:桜井誠人(JAXA)
2F09 閉鎖型生態系実験施設を用いた植物栽培の水の再利用○新井竜司, 谷享, 多胡靖宏(環境研)
2F10 CELSSに対する自律分散制御手法の適用○山崎暢大, 大田理彬, 中根昌克, 石川芳男(日大), 宮嶋宏行(東京女学館大)
2F11 持続的火星滞在に向けたロジスティクスの構築○秋山靖博(東大), 稲谷芳文(JAXA)
2F12 移動型有人月面探査のための分散型生命維持システムの運用○宮嶋宏行(東京女学館大)

OS:宇宙で生きる! ~人間生存環境拡大の試み~ (OS:宇宙で生きる-4) 11 月18 日16:20~18:00 司会:北宅善昭(大阪府大)
2F13 宇宙での閉鎖循環式魚類養殖○遠藤雅人, 竹内俊郎(東京海洋大)
2F14 セルロースからの化学的有用物質製造○富永健一, 森敦, 福島友吏子, 島田茂, 佐藤一彦(産総研)
2F15 樹木の重力依存現象と関与する機能分子○富田‐横谷香織, 本橋恭兵, 佐藤誠吾(筑波大), 馬場啓一(京大), 桜井直樹(広島
大), 橋本博文, 山下雅道(JAXA)
2F16 ラン藻の宇宙環境耐性○五十嵐裕一, 富田‐横谷香織, 本橋恭兵, 佐藤誠吾(筑波大), 新井真由美(日本科
学未来館), 馬場啓一(京大), 大森正之(中央大), 橋本博文, 山下雅道(JAXA)
2F17 宇宙閉鎖生態系での植物生産における気流環境調節の重要性○北宅善昭(大阪府立大)
関連記事
 

<< 生態工学会定例研究会で講演 | Home | 宇宙農業サロン >>