平成22年5月25日(火)
中央合同庁舎第4号館4階
共用第4特別会議室であった月探査に関する懇談会を傍聴してきました。
警備を通過した後、エレベータに乗ると
会話の内容から、目の前にいる方が懇談会の座長(白井克彦早稲田大学総長)だとわかりました。
今日が最終案の取りまとめのようです。

傍聴者数十名はどうもメーカーの担当者が多いように感じました。
宇宙開発戦略本部のホームページにアップされている資料が
椅子の上に配布され2時間の議論が行われました。
座長、18名の委員、事務局5名、泉政務官の席が一席、
私は初めての傍聴で、議論の流れの意味するところが初めはわからなかったのですが、
最後の方でわかりました。

今日が最終案の取りまとめで事務局から案が示された。
宇宙関係者はおおむね満足する原案で、
ロボット関係者はまだ議論の余地がある原案だと考えている。
また、研究者ではない有識者からは、もっと国民の関心を引くための工夫が必要ではないかという意見が複数の委員からでていました。
例えば、資料での図の作り方や、ネーミングなどについて意見が出ていました。
詳しくは公式発表をご覧ください。

私が印象に残ったのは、議論の内容ではなく
座長の議論裁き、泉政務官の場の和ませ方(参議院本会議出席のため4分間のみの滞在)の見事さです。

来週には、事務局からパブリックコメント募集が開始され、広く意見が募集されるようです。

関連記事
 

<< Excelで科学技術計算 | Home | スペースコロニー >>