生命維持システム技術に関するデータベースを整備しています。

NASAがCEV(Crew Exploration Vehicle) Orionの開発に入る前に行った米国内の要素技術に関する綿密な調査、そして「宇宙開発史」の宇宙開発史んぶん2008年7月号が、私がこの調査を始めた最初のきっかけです。

2008年末から始めた調査ですが、その成果の一部を公開します。

日本の有人宇宙活動に向けた生命維持システム技術に関する考察
― 要素技術の分析 ―
2009生態工学会年次大会講演集

同学会の発表資料はこちらです。




関連記事
 

<< 日本航空宇宙学会誌に記事掲載 | Home | 宇宙開発におけるLogistics >>