4月8日の緊急事態宣言後、3回目の週末を迎えました。18日経過しています。
前回のモデルでは、感染から発症まで5日間の時間遅れを設定していました。
今回、緊急事態宣言後、接触抑制の効果が出るまでに、さらに10日間の時間遅れを加え計算してみました。

実線は、接触抑制なし(青色)、接触抑制8割(オレンジ色)、7割(灰色)、6割(黄色)の計算結果です。
点(黄緑)は、厚生労働省より毎日発表される感染者数です。

現在は、接触抑制6割のラインに重なりつつあります。1週間後、2週間後、この点(実際の感染者数)がオレンジのラインに近づいてくるといいのですが・・・

20200426-1.png
関連記事
 

<< 感染症のマルチエージェントモデル作成 架空都市東京エリア | Home | SEIRモデルによる新型コロナウィルス発症者数の予測 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する