玉川大学、大阪府立大学と見学し、千葉大学の植物工場を見学していないと思い、講義付き見学コース2200円に申し込みました。
13:30-14:30 篠原先生の講義
14:30-15:30 農場見学

講義では人工光型植物工場を中東にセールスした話をされていました。
特に水を使わないで農業ができるので、砂漠には向いている。
企業よりなるコンソーシアムを立ち上げて、グループ間で栽培法を競っている話
やっとトマト50kg/m2(長期多段栽培1年1作)、35kg/m2(低段密植栽培年3回転)とれる栽培ができるようになったが、オランダは70kg/m2が平均である。まだまだ太刀打ちできない。

オランダが高収量を達成できる理由は、「統合環境制御」にあるというお話でした。
(残念ながら配布資料は掲載できません)


見学開始 F →E→D→L→J→K→N→G の順に見学しました。

20170224_map.jpg


20180723-3.jpg
Fの逆側のハウス

20180723-4.jpg
F 太陽光利用型

20180723-5.jpg
K トマト二次育苗施設

20180723-6.jpg
N 人工光利用型 「高気密・省エネドーム」

20180723-7.jpg
ドーム内壁 (内壁に構造部材などがありましたが、これは本来必要なものではなく、柏市の建築許可の関係で追加したものだとおっしやっていました)

20180723-8.jpg
ドーム内 栽培棚(通常栽培 棚板高さ30cm)

20180723-9.jpg
ドーム内 栽培棚(初期栽培 棚板高さ20cm)

20180723-10.jpg
G 植物工場
こちらが今回訪問の目的の施設です。外気が35度以上あるので、中に入った瞬間ガラスが曇ってしまいました。様々な会社のLEDを比較しているようですが、この写真ではよくわかりません。

見学終了、最後にお土産のトマトを貰い帰りました。

実は今回、一番の出会いは、ドームハウスです。まるでスターウォーズの映画の中で異星人が住んでいるような家です。
このまま火星居住実験に使えるような気がしました。ドーム型は居住区、トンネル型は農場区です。詳しい検討結果はいずれ報告します。

ジャパンドームハウスの発泡ポリスチレンドームを利用した阿蘇ファームランドの写真、なかなか素敵な風景です。
関連記事
 

| Home | 植物工場見学 大阪府立大学 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する