9月24日(土)ワシントンDCで行われたGemini Mars国際学生設計コンテストでTeam Narabu(双)が準優勝しました。これは有人火星フライバイミッションの設計コンテストです。
No.が当日発表されたプレゼンの順番です。書類選考による順位と思われます。プレゼンが一番最後になってかなり有利になったと思いました。他のチームのプレゼンや質疑応答を参考に対策が立てられるからです。

3人の学生たち(百瀬君、山口君、ミアン君)が非常に頑張って準備をして、かなり緊張していたと思いますが、いいプレゼンだったと思います。審査員や聴衆もかなり熱心に耳を傾けていたと思います。これで2大会連続の優勝かと思いましたが、結果は、僅差で準優勝になりました。

私自身も、学生たちと一緒にプランを作る中で、前回以上に多くのものを学ばせてもらいました。今後、国内での適当に高いレベルにとどまることなく、世界のトップレベルの学生たちと本気で競い合うことを意識して勉強していってほしいと思います。
国際設計コンペは、そのためのハンズオントレーニングの良い機会です。

No.Team NameUniversityCountryRank
1Space is MoreWroclaw University of Technology and Pennsylvania State UniversityPoland & USA
2Team RussiaMultiRussia4
3FATOUniversity of TurinItaly5
4The RocketeersCA State Polytechnic University and Cerritos High SchoolUSA
5Gemini DirectAdelaide UniversityAustralia
6Mars MavsUniversity of Texas at ArlingtonUSA
7Team ItinerePurdue UniversityUSA3
8Skoltech MartiansSkolkovo Institute of Science and TechnologyRussia
9CranSpaceCranfield UniversityUK1
10NARABU(双)Keio University, Nihon University, Tokyo University of Agriculture and TechnologyJapan2



コンテスト終了後、メキシコに移動すればイーロンマスクの火星移住計画の話が聞けたのですが、仕事のために日本へ帰らなければなりませんでした。




関連記事
 

<< 第62回日本宇宙航空環境医学会大会 日本宇宙生物科学会第30回大会 合同大会 | Home | Team Narabu(双)ワシントンD.C.へ向け出発 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する