Sol 97
NASAが、パスファインダーからの信号を受信

通信手段(第一段階)
パスファインダーの360度回転するカメラの動きを利用してASCII(16進法)でデータを送る。直接文字を送らないのは、27種類の文字(アルファベットとクエスチョンマーク)を360度(360度÷27=13度)の動きで送ると不正確になるため。

注釈 ASCII:コンピュータで使われている文字コード

交信開始 ASCIIで地球から質問が送られ、答えを紙に書いてカメラに向け、地球から読んでもらう。
ASCIIで綴れ
STATUS(現況)
HOWALIVE(生存の経緯)
CROPS?(作物?)
WESAW SATLITE(衛星で見た)
BRINGSJRNROUT(ソジャーナを外に出せ)
SJRNRNOTRSPND(ソジャーナ、応答せず)
WORKINGONIT(検討中)


通信手段(第二段階)
パスファインダーには2つの通信手段がある。
1. 地球と交信するもの
2. ソジャーナと交信するもの

2をアレス3のローバの周波数で送信できるように変える。

ジャック・トレヴァー(ソフトウエアエンジニア)が登場
パスファインダーからローバへ送信できるようにはできる。しかし、ローバに受信させたり、ローバからパスファインダーに返信させたりできない。

ローバのソフトウエアをワトニに書き換えてもらうことを提案し、
ソフトウエアを開発中(20メガバイト、送信するのに3年ぐらいかかりそう)
ジャックが短時間にソフトエアを送る方法を考案し、ワトニに作業方法を教える。


Sol 98

新しい通信手段が確立(長文でのやり取りが可能になる)

NASAからワトニーへ
 「MDVを、短時間、水平飛行させる方向で調整中
 アレス4到着までの食料を送り込む予定であることを伝える」

ワトニーからNASAへ
 「食料生産により、Sol 900まで食料が持ちそうであることを伝える」

関連記事
 

<< マーズ・オデッセイ Sol114-122 新たな危機 | Home | マーズ・オデッセイ Sol 61-96 遠征 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する