7月8日に国際環境システム会議の詳細なプログラムが発表されました。
私がいつも発表するLife Support Systems Engineering and Analysisは、A, B, Cと3つに分かれています。そのうちBのプログラムが以下になります。

ICES 501-B: AIAA LS&S
Life Support Systems Engineering and Analysis
Organizers: John Hogan, NASA Ames Research Center; Harry Jones, NASA Ames Research Center; Jeffrey Lee, NASA Ames Research Center

1000 Using V-HAB to Model and Simulate Air Revitalization System Technologies developed at JAXA
Jonas Schnaitmann, Technische Universitat Munchen, Institute of Astronautics; Benjamin Portner, Technische Universitat Munchen, Institute of Astronautics; Roland Haber, Technische Universitat Munchen, Institute of Astronautics; Masato Sakurai, JAXA,ICES-2015-266

1030 HabNet - An Integrated Habitation and Supportability Architecting and Analysis Environment
Sydney Do, MIT; Andrew Owens, Massachusetts Institute of Technology; Olivier De Weck, Massachusetts Institute of Technology, ICES-2015-289

1100 Parametric Analysis of Logistics and Life Support Systems for Deep Space Mission Design
Hiroyuki Miyajima, Tokyo Jogakkan College, ICES-2015-86

1130 Comments on the MIT Assessment of the Mars One Plan
Harry Jones, NASA ARC, ICES-2015-44

1130の発表(オーガナイザー)は、1030の発表に対する反論みたいな内容です。実は私の発表でもMars Oneのシステム分析を行っています。オーガナイザーはそれぞれの論文の内容を知っていて、このような配置にしたと思うので、非常に面白くなると思います。

>>>>ICESプログラムへ

関連記事
 

<< 米国宇宙産業驚きの構図 親と孫請けが逆転してコストカット? | Home | 7月10日 ISTSのロボティクスと有人ミッションで発表 >>

コメント

200件のマスコミ取材

昨年10月IACでMITのグループがMars Oneの計画が失敗するであろう論文を発表してから、世界中のマスコミから200件の取材申し込みがあったそうです。担当の教授が教えてくれました。エルサレムで開催される2015年のIACでもさらにMars Oneに関する発表をするそうです。また、あるNASAの研究者は、MIT研究者の功罪は、良くも悪くも、Mars One計画の稚拙さを世間に知らしめてしまったことだと言っていました。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する