第18回火星協会年会が、8月13日から16日に米国ワシントンD.C.のアメリカカトリック大学で開催されます。その大会の13日の夜にMarsOneに関するディベート"Is Mars One Feasible?"が開催されるようです。

否定側 20分立論 Sydney Do and Andrew Owens, MIT
肯定側 20分立論 Bas Lansdorp, MarsOne
それぞれ10分ずつの反論
会場から30分の質問

7月12日からベルビュー(ワシントン州)で開催される国際環境システム会議でMITの彼らに会うと思うのでちょっと話を聞いてみます。

最新の情報は火星協会のページへ

関連記事
 

<< 7月10日 ISTSのロボティクスと有人ミッションで発表 | Home | 人類が最初に降り立つ火星の地はどこ? >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する