2015年6月27日(土)~28日(日)  明治大学黒川農場で2015生態工学会年次大会が開催されます。

私の発表は、2日目の13:30からです。
NASA Design Reference Mission (DRM) 5 から MarsOne まで有人火星探査ミッションのシステム分析をInitial Masses in Low Earth Orbit (IMLEO)を指標にして行います。

セッション 4 [宇宙開発・物質循環] 座長 中根昌克(日大)
13:00-13:15 有人宇宙探査を目指した空気再生装置
〇桜井誠人 (JAXA)
13:15-13:30 日本の将来ECLSS システムを想定したシミュレーション
○寺尾卓真(日大院)、桜井誠人(JAXA)、森山枝里子、
広崎朋史(宇宙システム開発株式会社)
13:30-13:45 有人火星ミッション設計のための生命維持システムのパラメトリック解析
○宮嶋宏行(東京女学館大)

関連記事
 

<< 人類が最初に降り立つ火星の地はどこ? | Home | 数値流体計算(4) Island Three熱流体解析モデルVer 0 完成 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する