今シーズンは、11月1日(土)のCrew 142から火星砂漠研究基地での閉鎖居住実験が始まりました。
最初の3つのクルーは、カナダデボン島にあるArctic 365 (MA365) に1年間滞在する最終候補者の選考ミッションになっています。このうち1/3の方が1年間のミッションに参加することになるのでしょう。
 さて、今シーズン、Team Nipponは結成されませんでしたが、11月29日(土)からのCrew144に、村上祐資さんが参加します。また、生物学者の長沼毅さんが、2015年2月か3月のクルーに参加します。

今回は、初の試みとして、気象予報士の水元さんが、MDRS天気予報を配信してくれるようです。
https://www.facebook.com/MDRSWeatherNews
村上さんのサイトはこちら
https://www.facebook.com/japanesemartian

先ほど、はやぶさ2の打ち上げ延期のニュースが流れました。
今回は、チケットが取れず、種子島行きを断念しました。2時間ぐらい初動が遅れただけでツアー完売でした。
会津大学の寺薗さんによると、種子島で3万人、全国で30万人の人が、はやぶさ2の打ち上げを見ることになるのだとか・・・



関連記事
 

<< 火星砂漠研究基地(MDRS)2015-2016年ミッションクルー募集開始 | Home | シンガポール国立大学、シンガポール・ポリテクニック見学 >>