sec1.jpg



 3月14日「JAXA宇宙探査イベント宇宙探査の始動」(定員370名)に参加しました。

プログラム http://www.jspec.jaxa.jp/2009yokohama/index.html
小惑星探査機「はやぶさ物語」 http://spaceinfo.jaxa.jp/inori/index.html

 第一部は、音楽と探査映像の紹介、第二部は宇宙探査に関する講演でした。私は第二部から参加しましたが、その時点で7~8割ぐらい席が埋まっていたように感じました。第一部の内容からか、先週の東京シンポジウムに比べ若い女性や子どもも多いなと感じました。以下私のメモです(必ずしも正確とは限りません)。

15:20~15:25 挨拶 川口淳一郎(JAXA月・惑星科学プログラムディレクタ)
 もう一つのはやぶさであるJRの寝台特急列車が昨日引退しました。会場の隣では日本ボートショー(宇宙船との船つながり)が行われています。
 本日のタイトルは「宇宙探査の始動」となっていますが、私にとっては始動ではなく継承ですと強調していました。

15:25~15:45 今後の探査への期待 室山哲也(NHK解説主幹)
 松本零士さん、自分の息子、NHKの後輩たちなど宇宙にイカれた人たちの例を挙げながら宇宙はどうしてこんなに興奮するのか、宇宙には直径4000kmのダイヤモンドがあるという例を挙げ宇宙は驚きに満ちているということを強調していました。
 哺乳類は、冒険心(知的好奇心)を持っていることが特徴であり、特に人間は、他の哺乳類とは違い、大人になっても冒険心を忘れない。だから探検が好きなのだということを話していました。

15:45~16:25 月探査計画について 大竹真紀子(JAXA月・惑星科学プログラムグループ助教)
 かぐやが撮った月の映像をもとに月面の画像を解説していました。特に、自分が開発や分析を担当している分光カメラの話をしていました。いまでもかぐやが1日に送ってくる画像データは6MB、私一人では解析ができないので、ぜひみなさん協力してくださいと会場にお願いしていました。

16:25~17:05 小天体探査計画について 吉川真(JAXA月・惑星科学プログラムグループ准教授)
 はやぶさ、はやぶさ後継機、小惑星の分類のはなしからはじまり、特に太陽系小天体探査のキーワードとして5+αを強調していました。
 1.科学
 2.スペースガード
 3.資源
 4.有人ミッション
 5.技術
 α.文化創造、次世代の育成
最後に紹介していた大阪のプラネタリウムで公開されるはやぶさの映像は最高でした。

HAYABUSA BACK TO THE EARTH http://hayabusa-movie.jp/

17:05~17:15 小休憩 月探査ローバモデル、宇宙服、はやぶさの回収カプセルなどが展示

sec2.jpg


関連記事
 

<< ふたつのスピカ | Home | JAXA宇宙探査イベント 宇宙探査の始動 意見交換セッション >>