書店でたまたま見つけました。
イーロン・マスクが火星に移住するという目標をもっているため、このようなタイトルにしたのでしょうが、火星のことは何も書いてありませんが、
序章「地球と人類の未来、その鍵を握る男」、第1章「「異端の経営者」の誕生」のスペースXを起業するまでの、彼の生い立ちに関する記述が面白いと思いました。

3度の失敗、1億ドルを費やし、6年でロケット打ち上げを成功させた第2章も面白そうです。
安く打ち上げできる、大型のロケットがないと火星にはいけません。

イーロン・マスクの挑戦 ~人類を火星に移住させる (別冊宝島 2232)イーロン・マスクの挑戦 ~人類を火星に移住させる (別冊宝島 2232)
(2014/08/08)
竹内 一正

商品詳細を見る


関連記事
 

<< Team Kanau優勝 朝日新聞に掲載 | Home | Mars Flyby 2021 >>