BioEVA, GeoEVAの4名のHabitat Support CapCom (HSCC)を担当
探査計画は、前日の反省点を修正して同じポイントを回る4時間の計画に変更
エアロック操作、ウェイポイントチェック、クオータチェックを無線で行う。

10時20分エアロックを出発。
前日と同じウエイポイントを回るコースですが、地質学者と生物学者によるサンプル採取作業のため昨日に比べると大幅に時間超過。
予定の4時間を過ぎた時点で帰還するように連絡する。
14時40分エアロックに帰還。4時間20分のEVA。

20131225-1.jpg
Christmas on Marsをみんなんで鑑賞

20131225-2.jpg
クリスマスイブ

20131225-3.jpg
GreenHAB準備完了

20131225-4.jpg
EVA中に Crew 132 登場

20131225-5.jpg
地質学者と生物学者のEVA

122513-7.jpg
出発前の風景

20131225-7.jpg
事前に決めた時間にクルーに確認した位置を地図で確認します

20131225-8.jpg
CapComの道具

関連記事
 

<< MDRS居住実験6日目 危機的な水不足 | Home | MDRS居住実験4日目 初EVA >>