10月17日、ハワイ大学マノア校が管理するハワイ島マウナロア火山のHI-SEAS(Hawaii Space Exploration Analog and Simulation)で8カ月間の居住実験が始まりました。

ナショナルジオグラフィック 火星ミッション模擬実験、参加者に聞く
ニューヨークタイムズ In a Dome in Hawaii, a Mission to Mars
最新のニュースは、Facebookホームページ、Mission 3 Crewのブログにもあります。

の記事に詳しく紹介されています。

この実験に参加しているコーネル大学のジーンハンターさん(火星食品の研究)に今年の7月に詳しい話を聞きました。
ハンターさん自身は、食事研究に参加し、3秒に1回キッチンの画像を記録し、汚し具合などを観察していると言っていました。このプロジェクトの責任者のKimさんは日本で働いていたことがあり、日本語も話せるそうです。
過去に4カ月のミッションを2回実施し、今回が3回目で、8カ月の居住実験をします。次に12カ月の居住実験を実施し、終了する予定です。(NASAのグラントがそこで終了)

この実験では、「有人火星探査における人間の心理状態の変化を調査する」ことを目的の1つにしています。
これからいろんな問題が起こるんでしょうね。ミッションサポートチームのみが知ることです。
ハンターさんがいろいろ情報をくれたので、8月にミッションサポートチームに入れてほしいとお願いしたんですが、少し遅すぎたようです。

このホームページを毎日チェックしているのは、日本では私しかいません。しかし今日は、Yahoo Japanで紹介されたので、このようになっています。アクセスがすべて日本からというのは初めて見ました。

20141028-traffic.png

 
DDD関連トークイベント『japan jikkan編集長・ルーカスB.B.×ふうせん写真家・岩谷圭介 トークショー』
2014年10月28日(火) 代官山蔦屋1号館 2階イベントスペースで行われた岩谷さんのトークショーを見に行きました。

DDDは代官山デザインデパートメントの略です。10月24日から11月3日まで様々なイベントが実施されています。

岩谷さんの活動は「ふうせん宇宙撮影」でご覧になれます。

気球を利用した火星表面探査を検討していた、今年の6月に、初めて岩谷さんに連絡しました。
その時は結局、仕事の都合がつかず、十勝平野で実施する放球を見学できませんでした。

20141028-1.jpg
イベントスペース

20141028-2.jpg
大学生の時に、米国で行われていた「宇宙ふうせん」をインターネット上で見つけ、自力でこの活動を始めたようです。
1年目は4回実施しすべて失敗
2年目に実施した通算16回目の放球で初めて回収および撮影に成功
最近は、この活動が本職で、広告会社、テレビ局関連の撮影が多いそうです。

20141028-3.jpg
1Fの展示(初期のモデルのミニ模型のようです)

20141028-4.jpg
話には聞いていましたが、ここの蔦谷の広さ、質、量ともにかなり魅力的です。1日中いても飽きません。
宇宙関連の書籍スペース

20141028-5.jpg

 
ついに登録しました。
指定されたリンクを貼り付けましたが、名前が表示されない?



 
10月16日のSPACE.COMの記事
Private Mars Colony Project May Not Be Feasible, Study Suggests
に研究グループの意見が出ています。

de Weck教授(このグループのリーダー)
・Mars Oneの計画の実現性に白黒付けていない。
・しかし、彼らの設定した条件に基づくと、実現は難しい。
・この計画が実現可能になるような重点的に取り扱うべき技術を指摘した。

もう1つ、大学院生Sydney(この論文の第一著者)の意見として大事なことが書かれています。
食料を地球から持っていく方が、現地で食料生産するよりも、いつも安い。
(これは光源にLEDを利用した場合の話です。地上では、LEDを利用した野菜工場で採算が取れるところも出てきていますが、宇宙となると、実は検討の余地もありません)
2000年ころまで、日米欧で宇宙での食料生産の研究を多くの研究者がしていましたが、最近は、本当に少なくなりました。
大規模に継続しているのは、最近始めた中国だけです。

 
今朝、facebookにリンクのあったSPACENEWSを読んでいたら、オバマ大統領がMITのDava Newman教授をNASAの副長官に指名するという記事がありました。

今年7月に国際会議でNewman教授と握手しました。かなり小柄な人でした。

なぜ握手をしたかというと・・・
昨年11月に私がMITでセミナーを開いたときに、Newman教授の研究室を見学(下のほうの宇宙服の研究室の写真)させてもらいました。
その時は教授には会えませんでしたが、研究室の学生が何人か私のセミナーに来てくれ、さらにその後、一緒に食事に行きました。その時の学生数名と国際会議で再会し、一緒にいたNewman教授ともあいさつ程度の話をしました。

大学教授で、女性を、高い政治的調整能力が期待される宇宙開発機関のナンバー2ポストにつけるなんて、日本ではありえないようなニュースです。

 
10月15日付で、こんなニュースが流れていますが、ひどい記事です。
IAC論文の中には、そのような書き方はされていません。計算結果の一部が独り歩きしているような感じです。MITのこの研究グループとは知り合いですが、このニュースに書かれているようなことを意図していないと思います。

Humans may only survive 68 days on Mars
人は火星で68日間の命、米研究 (AFP BB NEWSの$4.5billionの翻訳が一桁間違っています)

一方で、この前提条件で計算すれば、66日で窒素が無くなり、システムが破たんするのは当然の結論です。

1.植物が光合成により二酸化炭素を酸素に変える。
2.人間が食物を食べて、呼吸により酸素を二酸化炭素に変える。(二酸化炭素を除去する技術はすでにある)
3.植物のうち食べられない部分(非可食部)を処理して無機物に変える。(このとき酸素を消費し、全体のバランスが取れる)

MITのモデルには非可食部を処理するプロセスがないので、人間が必要とする食料を全部現地で生産すれば、当然酸素は余ります。この余剰な酸素をベントするときに、一緒にベントされ減った窒素を注入する。すると窒素が66日で無くなる。(宇宙で空気から酸素のみを分離してベントする技術がないと論文には書かれています。地上の技術ではすでにあり、日本の実験では利用していました。)

だから、きちんと非可食部の処理プロセスを入れてあげれば、少なくともこんな短期間では破たんしません。(また別の問題が発生したりはしますが・・・)

この論文、この後にある信頼性を考えた上でのスペアパーツの計算が面白いと思うのですが、マスコミは、ここには注目しませんでした。

この米国の元の記事の報道の仕方は、以前2014年6月18日の記事で紹介した「国際宇宙ステーション・国際宇宙探査小委員会」のニュースと構図は同じです。一般の人が注目しそうな文脈の一部だけを抜き出して報道する。(文脈完全カット報道


 
10月6日台風の中を飛行して鹿児島に着きました。

ここは、次に鹿児島に行ったときに、訪問したいと思っていた場所です。
知覧は、薩摩藩の城下町で、観光施設として武家屋敷があります。それよりも知覧特攻平和会館があることで有名かもしれません。
太平洋戦争が始まる直前に、ここ鹿児島県のシラス台地に、大刀洗陸軍飛行学校知覧教育隊が作られました。その跡地に知覧特攻平和会館があります。

20141006-1.jpg
正面玄関
館内は、元特攻隊員の方が集めたものが展示されています。
そのほとんどは無くなった特攻隊員の遺書です。そのため館内は写真撮影禁止です。

20141006-2.jpg
三角兵舎、このようなものが空襲を避け付近の森の中にたくさんあったようです。

20141006-3.jpg
三角兵舎内部、特攻隊員が出撃する前に宿泊した兵舎です。奥にあるのは飛行機の残骸。

20141006-4.jpg
映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」の撮影のために復元された「隼」だと書いてありました。

20141006-5.jpg
給水塔

20141006-6.jpg
防火水槽

20141006-7.jpg
知覧城下町にある特攻隊員の母、鳥濱(とりはま)トメ さんのトメ食堂(ホタル食堂)、
ここを舞台にした高倉健のホタルという映画もあったんですね。

20141006-8.jpg
トメさんが利用した防空壕だと書いてありました。

私は平日の午前中に知覧特攻平和会館に行きました。
たぶん誰もいないだろうと思ったのは間違いで、ツアーの観光バスがひっきりなしに到着して、大勢の人が見学に来ます。そのほとんどは60代以上の人たち。

館内には海底から引き揚げられたゼロ戦がありましたが、なかなか強烈です。

偶然、見学中に30分の講和の時間になり、3つの遺書の紹介をしていました。
その中の1つが安部少尉の話でした。なぜ二度死ぬのかは・・・ (本も出ているようですね)

二度死んだ特攻兵  安部正也少尉の魂二度死んだ特攻兵 安部正也少尉の魂
(2011/04/29)
福島 昂

商品詳細を見る


鹿児島に戻り、仙巌園からの桜島、噴煙を上げています。
20141006-9.jpg


 
8月下旬、あと3回飛行機で遠出すれば、JMBサファイアのステータスを獲得できることに気が付き、どこに行こうか考えました。
ふと、10月7日に、ひまわり8号の打ち上げがあることを思い出し、情報を集めました。
他の方もブログで書いていますが、種子島の打ち上げ見学会場までは交通手段が限られるので、ロケット打ち上げ1ヶ月前に、急に手配しようと思っても非常に難しいです。

種子島までの飛行機 は満席
レンタカーは空車なし (ある会社に電話で問い合わせると、マスコミと契約しているから、残りの車は無理だと言われ)
じゃ、鹿児島まで飛行機で行って、鹿児島から西之表港まで高速船トッピーか?
西之表港から打ち上げ見学会場までの移動はどうするか?
ネットで情報を集めるうちに、種子島観光協会の西之表港から長谷公園へのツアーを見つけました。

9月7日 メールで種子島観光協会のバスツアー予約(3000円)
9月7日 トッピーをネットで予約(1ヶ月前からしか予約できない)、行き10:00の便は確保、しかし帰り16:45の便はすでに満席(団体客がいるのですぐに埋まるようです)。すぐにチケットセンターへ電話して本当に空席がないか問い合わせ、「ただいま空席が発生しました」と言われ、席を確保。(ネット予約だけに頼ってはダメだと認識)。
9月8日 JAL航空券をeJALポイントで購入(羽田-鹿児島10月6日8:20、鹿児島-羽田10月7日20:40)
9月8日 高速船乗り場近くのホテルを予約(朝食付で4500円)、10月6日のみ鹿児島県内観光用にレンタカー予約

10月5日20時頃、台風18号接近のため、飛行機が欠航になるとメールが届く。6:40羽田発の飛行機は欠航になっていないので、メールで案内された通りにネットで便を変更。

10月6日5時 始発電車では間に合わないので、車で空港に向かう、5時50分頃羽田空港に到着。

飛行機は台風の近くを通過するがほとんど揺れず8時20頃鹿児島に到着。

10月6日10時30分 南さつま市の知覧特攻平和会館見学(写真撮影禁止)、茶美豚ヒレカツを食べる。武家屋敷散策。

10月7日9時15分 ホテル出発

20141007-1.jpg
高速船ターミナル、ロケット打ち上げ見学の人で今日は混んでいるらしい。まずカウンターで予約券をチケットに交換、座席指定。

20141007-2.jpg
往路のチケット キャプテンアース (復路のチケットはこんなにかっこよくない)

20141007-3.jpg
高速船乗り場、10時出発

20141007-4.jpg
11時43分到着、高速船乗り場の隣にある種子島観光協会の建物に移動。

20141007-5.jpg
3000円支払って予約してあったバスのチケットを入手。

20141007-6.jpg
12時15分出発、30分後、龍星館でトイレ休憩

20141007-7.jpg
龍星館から見える海

20141007-8.jpg
13時30分長谷公園到着

20141007-9.jpg
カウントダウン、ロケットやひまわりの解説 (三菱重工が提供?)

20141007-10.jpg
14時16分 打ち上げ

20141007-11.jpg

20141007-12.jpg

20141007-13.jpg

20141007-14.jpg
固体ロケットブースター分離、この日は天気がよく、ここまではっきり地上から見えるのは珍しいらしい(現地にいた関係者が言っていました)

20141007-15.jpg
拡大

以前に見学したスペースシャトルの打ち上げと違って、近くで見られるので、発射の音も比較的すぐに聞こえました。スペースシャトルに比べると軽い音でした。そして、発射場までの距離が近いので、真上に上がっていき、すぐに見えなくなります。

打ち上げは一瞬で終わりました。写真なんか撮ってないで、ずっと見ていればよかったとすごく後悔しました。初めて種子島での打ち上げを見学しましたが、次回に向け課題が残りました。

次は「恵美之江展望公園 」から見学しようか?
長谷公園にも多くのマスコミのカメラがありましたが、テレビ放送は恵美之江展望公園からの映像が多いように思いました。

14時40分長谷公園出発、15時50分西之表港着、16時45分西之表港発、18時25分鹿児島港着、18時30分高速船乗り場から空港行バス発、19時35分鹿児島空港着、20時40分鹿児島空港発、22時10分羽田空港着・・・


 
2013年春に、スペースコロニー内の大気循環解析をしようと数値流体力学を勉強していました。
基礎方程式を作り、差分化するところで壁にぶち当たり、試行錯誤してみたけれども
その時C++で作成したプログラムでは満足いく精度を得るところまでは行きませんでした。

その後、留学のため一時中断、最近再開しようと思っていたら、計測と制御Vol.53(計測自動制御学会)の書評欄で以下の本を見つけました。Excelで解析した例題がたくさんあって基礎的な勉強にはなると思いました。

エクセルとマウスでできる熱流体のシミュレーション 第2版(CD-ROM付)エクセルとマウスでできる熱流体のシミュレーション 第2版(CD-ROM付)
(2010/07/30)
平澤 茂樹、大村 高弘 他

商品詳細を見る


上記の著者が、Excelで熱流体解析を始めるきっかけになった書籍が、以下のものだそうです。こちらも早速買って読んでみました。

Excelで学ぶ流体力学Excelで学ぶ流体力学
(2007/05)
森下 悦生

商品詳細を見る


結局、3次元、円筒座標系、巨大な構造物、現象を再現したい時間も長い、などの特徴を考えると、やはりExcelでは無理だという結論に達し、現在は、フリーソフトのOpenFoamで簡単なモデルを作り練習をしています。

 

| Home |