火星協会年会バンケットの二人目のスピーカーは、パラゴンスペース社の社長Taber MacCallum(インスピレーション財団Chief Technical Officer)の講演でした。
連日の寝不足で、話の途中から寝てしまったのですが、大事なスライドは写真に撮りました。

当初の2018年の計画の問題点と、2021年に再設定するメリットが書かれています。
火星から地球へ帰還したときの再突入の問題(未だ経験したことのない速度)と打ち上げロケットの問題(SLSを使って1回で打ち上げできればミッションがより単純になる)が大きな要因のようです。

2018 mission plan had several big issues
  • High Entry Speed requiring new capsule design (not Orion)
  • 2 launch scenario - long on-orbit dwell for SLS upper stage
  • Dependency on commercial crew program on schedule success
  • 2018 launch date


2021 mission resolves all of these issues
  • Single launch scenario (no long on-orbit dwell)
  • Nov. 2021 launch date
  • Rare opportunity of Venus swing-by before heading to Mars
  • Mission is only 80 longer (582 days total)


このあとさらに詳細な話があったのかもしれませんが、表彰式直前まで記憶にありません。
今後、プレスリリースを頼りに情報取集していきます。


 
展示施設に入って右のほうに、米国の過去の有人ミッションの歴史を紹介する15分くらいの映像を見るシアターがあります。それが終わったあとの出口のところに宇宙船などが展示されているコーナーがあります。
ここにあるスカイラブの実物大の模型の中に入ることができます。

米国の宇宙ステーションの設計思想学ぶ上で、この模型が一番勉強になりました。
写真だけでは、なかなか配置まではわからないかもしれませんが、内部を紹介します。

20140808-19.jpg
スカイラブの構成

20140808-20.jpg
フリースペース、この奥には収納スペースがありました。

20140808-21.jpg
廃棄物管理システム室

20140808-22.jpg
調理・食事室

20140808-23.jpg
実験ラック室

20140808-24.jpg
シャワールーム

20140808-25.jpg
運動室、廃棄物管理システムからここまでの各部屋が円筒内に放射状に配置されています。


ここから写真が変わります。アポロ計画の展示
20140808-26.jpg
月面車

20140808-27.jpg
月面探査

20140808-28.jpg
月の石や砂

20140808-29.jpg
月の石


最後に、外の展示です。
20140808-30.jpg
ボーイング747

20140808-31.jpg
スペースシャトルアトランティス号の模型
イラストにあるように747の上にスペースシャトルを乗せるようです。

初期のころは、スペースシャトルはカリフォルニア州のエドワーズ空軍基地に帰還していました。
自力飛行できないスペースシャトルは747の上部に乗せられケネディースペースセンターまで運ばれていました。
もう少しで展示作業が完成するようです。



 
トラムツアー モックアップの次はサターンVです。
1979年に宇宙博で見て以来なので35年ぶりに実物を見ます。
アポロ18号で利用するはずだったサターンVを展示しているようです。

20140808-12.jpg
大きすぎてカメラのフレームに入りきらない

20140808-13.jpg
2段目、これでもかなり大きい

20140808-14.jpg
3段目

20140808-15.jpg
アポロ指令船、サービスモジュール、月着陸船が入る先端部分

20140808-16.jpg
1つ目のツアーを2時間ほどで終了し、ここからもう1つのツアーへ参加
管制センターのビル

20140808-17.jpg
次の写真でわかりますが、ジェミニ、アポロ、スペースシャトルのミッションに1965年から1992年まで使われていたミッションコントロールセンターです。

20140808-18.jpg

残念ですが、国際宇宙ステーションのミッションコントロールは見学に入っていませんでした。


 
NASA JSCのスペースセンタートラムツアーには2つのコースがあります。
・国際宇宙ステーションのモックアップ+サターンV 見学コース
・管制センター+サターンV 見学コース

こちらは国際宇宙ステーションのモックアップがある施設の見学です。
案内板にあるようにモックアップが配置され、右から左へと見学できます。

20140808-1.jpg
モックアップの配置

20140808-2.jpg
きぼうが見えます(宇宙にあるように様子を模擬して配置されています)

20140808-3.jpg

20140808-4.jpg
ロシアモジュールとの結合部

20140808-5.jpg

20140808-6.jpg
ソユーズ宇宙船

20140808-7.jpg
スペースシャトル

20140808-8.jpg
月面などで利用する人型ローバ

20140808-9.jpg
奥に見えるのはNASA次期宇宙船Orionのモックアップ

20140808-10.jpg
Multi-Mission Space Exploration Vehicle (MMSE)

20140808-11.jpg
月面電気ローバ、後部は新しい宇宙服着脱システム

いままで、報告書と発表でしか開発過程を知りませんでしたが、モックアップや作業風景を見ることができて満足しました。



 
8月7日から8月10日の4日に亘って米国テキサス州リーグシティ(NASA JSC近く)のサウスショアハーバリゾートで行われた火星協会の年会に初めて参加しました。私たちのチームが、インスピレーションマーズ国際学生設計コンテストのファイナリストに選ばれたため参加しました。

発表は、大きく2つのセッションに分かれ、一般会員が発表する一般セッション(午後)、招待された専門家が発表するセッション(午前、夜)があり、後者は面白い話題が多いと思いましたが、前者の一般発表は、レベルの低いものが多数目につきました。

20140807-1.jpg
会場のホテル

20140807-2.jpg
Dr. Zubrin会長によるプレナリーセッション1 会長が昔検討したMars Dirctについて話していました。

20140807-3.jpg
初日のナイトセッション1 オランダの実業家バス・ランスドルプによるMars Oneの講演です。
スライドを1枚も使わず、1時間近く聴衆を引き付け、参加者も一番多く、彼の話術に引き込まれている人がたくさんいました。

20140807-4.jpg
Team Kanauの練習風景

20140807-5.jpg
Mars Oneのクルーセレクション担当の一人
月面着陸した元NASAの宇宙飛行士で、日本人宇宙飛行士の育成にもかかわったと言っていました。

20140807-6.jpg
Team Kanauのプレゼン

20140807-7.jpg
Team Kanauの質疑応答

20140807-8.jpg
プレゼン終了後の審査風景

20140807-9.jpg
バンケットの最後 審査結果発表 Team Kanau優勝
2位はコロラド大学ボルダ―校
強豪だと思っていた、カリフォルニア大学デービス校(米国)、シュットガット大学(ドイツ)、デルフト大学(オランダ)を破っての優勝

今後、詳細な内容については専門誌や学会で各メンバーが発表していく予定です。


 
8月9日(土)米国ヒューストンで開催された火星協会インスピレーションマーズ国際学生設計コンペで私がアドバイザーをしているTeam Kanauが優勝しました。

コンテストの結果を伝える火星協会のページ

20140809-1.jpg

国際共同プロジェクトをサポートして、教育者としていい経験を積ませてもらったので、この成果はきちんと報告書にまとめたいと思います。夏季休暇中の宿題です。

私のfacebookにも簡単な記事を書いています。






 
宇宙飛行士に関して、今までに読んでおもしろかった文献を紹介します。

宇宙飛行士の採用基準 例えばリーダーシップは「測れる」のか (角川oneテーマ21)宇宙飛行士の採用基準 例えばリーダーシップは「測れる」のか (角川oneテーマ21)
(2014/07/09)
山口 孝夫

商品詳細を見る

この本、ヒューストンに向かう飛行機の中で読みました。
宇宙へ2人送る場合、夫婦が適当かどうかという記述は参考になりました。
インスピレーションマーズは、男女二人を火星フライバイミッションに送ることを目標にしています。



Prepare for Launch: The Astronaut Training Process (Springer Praxis Books / Space Exploration)Prepare for Launch: The Astronaut Training Process (Springer Praxis Books / Space Exploration)
(2010/04)
Erik Seedhouse

商品詳細を見る


宇宙飛行士の仕事力 (日経プレミアシリーズ)宇宙飛行士の仕事力 (日経プレミアシリーズ)
(2014/03/08)
林 公代

商品詳細を見る


ドキュメント 宇宙飛行士選抜試験 (光文社新書)ドキュメント 宇宙飛行士選抜試験 (光文社新書)
(2011/08/05)
大鐘 良一、小原 健右 他

商品詳細を見る


宇宙飛行士の育て方宇宙飛行士の育て方
(2010/10/09)
林 公代

商品詳細を見る


 
7月30日 JAXA国際宇宙探査シンポジウム2014 のついでに
宇宙博2014の見学に行ってきました。
平日の1時半頃に到着したため、全く並ばずに入場できました。中に入ってからは最初のブースは比較的混んでいましたが、2つ目、3つ目の展示と進むにつれ、混雑が緩和してきました。全体の入場者はそんなに多くはありません。

順路通りに、いくつか写真で紹介します。

20140703-1.jpg
アメリカのロケットの模型展示、サターンVが圧倒的に大きい(110m、打ち上げ時の推力3,400t、重さ3,000t以上、これまで製造されたロケットの中で最大)。これがあったから1回の打ち上げで月着陸船を月面に投入できたんだと実感できます。現在は、1回の打ち上げで月へ有人で行けるロケットが存在しません。

20140730-2.jpg
タイタンロケットのエンジン(第1段)

20140730-3.jpg
ジェミニ計画の宇宙服

20140730-4.jpg
アポロ計画の宇宙服

20140730-5.jpg
アポロ計画初期の携帯型生命維持サブシステム、アポロ計画の一人用酸素換気装置

20140730-6.jpg
アポロ計画発射台設置用の緊急時空気供給パック(左奥)、アポロ計画サバイバルキット(左手前)、スカイラブ計画顔用マスク(右奥)、スカイラブ計画宇宙服修理キット(右手前)

20140730-7.jpg
スペースシャトルの救命胴衣(一番右)

20140730-8.jpg
ソ連の月面車 ルノホート

20140730-9.jpg
米国 アポロ月面車

20140730-10.jpg
月着陸船 プロトタイプA、B、C、D、E 試作品は様々なタイプがあったんですね。

20140730-11.jpg
月着陸船の乗員室

20140730-12.jpg
マーキュリー宇宙船(レプリカ)

20140730-13.jpg
ジェミニ宇宙船(レプリカ)

20140730-14.jpg
1950年代後半から1960年代初頭の打ち上げ用コンソール

20140730-15.jpg
別の角度から ジェミニ宇宙船(レプリカ)

20140730-16.jpg
飛行チェックリスト(映画アポロ13で使われたもののようです。)

20140730-17.jpg
アポロ司令船(訓練用のシミュレータ)

20140730-18.jpg
ドア部分

20140730-19.jpg
スカイラブのトイレ

20140730-20.jpg
体質量測定装置、スカイラブのベッド

20140730-21.jpg
スペースシャトルフライトデッキからミッドデッキへの入口

20140730-22.jpg
スペースシャトルフライトデッキ

20140730-23.jpg
スペースシャトル機首部分(レプリカ)

20140730-24.jpg
月面探査ロボット研究モデル

20140730-25.jpg
再使用ロケット実験機RVT

20140730-26.jpg
キュリオシティの模型

20140730-27.jpg
シエラネバタ社が開発中のドリームチェイサー 1/3モデル
米国で原寸モックアップの中に入ったことがあったので、1/3モデルは小さく感じました。

20140730-28.jpg
ISS個室

20140730-29.jpg
ISS トイレ

20140730-30.jpg
きぼう模型の中

20140730-31.jpg
きぼうの与圧壁

20140730-32.jpg
キュリオシティの後部から

20140730-33.jpg
きぼう全景

20140730-34.jpg
ISS全景

*説明の一部は、宇宙博2014の公式ガイドブックを参考にしています。

私にとって宇宙博とは、1978、1979年に現在のお台場で行われた宇宙科学博覧会(宇宙博)です。
第1期:1978年(昭和53年)7月16日~1979年(昭和54年)1月15日 入場者550万人
第2期:1979年(昭和54年)3月24日~1979年(昭和54年)9月2日 入場者570万人
小学生の時に、両親に頼み込んで、2期の7月ごろに連れてきてもらった記憶があります。
ものすごく混んでいて、ものすごく熱気を帯びていたのを覚えています。
外には、サターンVロケットの巨大な展示もありました。

見学を終えて
初めて見る人たちや子供にとっては、このようなレプリカ展示はいいと思いますが、
今まで数々の本物を見ているので、少し迫力が足りない気がしました。

いよいよ明日8月6日、ヒューストンへ向けて出発
日米合同チーム、インスピレーションマーズ国際学生設計コンペ優勝できるか!






 
ICES501: AIAA LS&S
Life Support Systems Engineering and Analysis
This session addresses life support for future crewed space missions, including defining systems architecture and selecting technology options. Life support systems engineering and analysis should help guide overall design and selection, development, and integration of technologies to produce complete systems.

[2014]

ICES-2014-212
Development Status of the Dynamic Life Support System Simulation V-HAB
Claas Olthoff, Jonas Schnaitmann and Anton Zhukov

ICES-2014-221
The Virtual Habitat ? optimization of Life Support Systems
Anton Zhukov and Markus Czupalla

ICES-2014-181
Efficient Evaluation Method of System Concepts for Preliminary ECLSS Design Studies
Tilman Binder, Emil Nathanson, Stefan Belz and Stefanos Fasoulas

ICES-2014-274
The Dual Fan Separator Review of the Combination of Waste Management System Rotaty Equipment into a Single Component
Thomas Stapleton and James Broyan

ICES-2014-204
A novel ion exchange system to purify mixed ISS waste water brines for chemical production and enhanced water recovery
Griffin M. Lunn, Lashelle Spencer, Anna Maria J. Ruby and Andrew McCaskill

ICES-2014-14
Unit Operation Performance Testing of Cascade Distillation Subsystem
Vipul Patel, David Loeffelholz, Sarah Shull, Miriam Sargusingh, Macknight Allen, Mike Callahan and Ben Baginski

ICES-2014-296
Micro-Gravity Quantity Sensor for Urine Bag Fill Monitoring within the Universal Waste Management System
Thomas Stapleton, James Broyan, Monica Diaz, Lauren Bolton, Shawn Davis and Brandon Macedo

ICES-2014-180
ECLSS Reliability for Long Duration Missions Beyond Low Earth Orbit
Miriam Sargusingh and Jason Nelson

ICES-2014-41
Feasibility Analysis of Spacecraft Design for a Manned Mars Free-Return Mission in 2018
Hiroyuki Miyajima and David Klaus

ICES-2014-178
A Method for Capturing, Tracking and Ranking the Relative Competitiveness of Competing Alternatives
Jeffrey Lee

ICES-2014-73
Don’t Trust a Management Metric, Especially in Life Support
Harry Jones

ICES-2014-149
An Analysis of Hybrid Life Support Systems for Sustainable Habitats
Margaret Shaw and Olivier de Weck

ICES-2014-118
A Grammar for Encoding and Synthesizing Life Support System Architectures using the Object Process Methodology
Sydney Do and Olivier de Weck

ICES-2014-223
Multidisciplinary Hybrid Surface Habitat Tradespace Exploration and Optimization
Margaret Shaw, Andrew Owens, Ioana Josan-Drinceanu and Olivier de Weck


[2013]
AIAA-2013-3377
Logistics and Life Support Systems Analysis for High-Mobility Exploration on a Lunar Surface
Hiroyuki Miyajima

AIAA-2013-3378
On the Selection of Competing Technologies - a Prediction Market Approach
Jeffrey M. Lee

AIAA-2013-3379
Better Project Analysis
Harry W. Jones

AIAA-2013-3400
Development of a Universal Waste Management System
Thomas J. Stapleton, James L. Broyan, Shelly Baccus, William Conroy

AIAA-2013-3401
Alternative Water Processor Test Development
Karen D. Pickering, Julie Mitchell, Leticia Vega, Raymond Wheeler, Michael T. Flynn, Griffin Lunn, William A. Jackson


[2012]

AIAA-2012-3489
Reforming NASA’s R&D Using Openness
H. Jones

AIAA-2012-3490
Cost-efficient Life Support for Crewed Long Term Missions
S. Belz, E. Messerschmid

AIAA-2012-3491
Reliability Impacts in Life Support Architecture and Technology Selection
K. Lange, Jacobs, M. Anderson

AIAA-2012-3505
Rover Routing Problems and Distributed Life Support Systems Analysis for Lunar Surface Exploration
H. Miyajima

[2011]

AIAA-2011-5037
Mission Design Drivers for Life Support
H. Jones

AIAA-2011-5038
Dynamic Life Support System Simulations with the Virtual Habitat
M. Czupalla, A. Zhukov, M. Deiml, M. Beck, A. Mecsaci

AIAA-2011-5039
Parametric Analysis of Life Support Systems for Future Space Exploration Missions
M. Swickrath, M. Anderson, R. Bagdigian

AIAA-2011-5040
An Investigation into Life Support Systems for a Lunar Habitat
T. Filburn, West Hartford, R. Malla, Storrs, Storrs, J. Smith, West Hartford, K. Brown, Storrs, Storrs, A. Clark, J. Genovese

AIAA-2011-5060
Cleanser, Detergent, Personal Care Product Evaluation for Water Recovery Applications
N. Adam

AIAA-2011-5061
Analytical Design of Hybrid Piezoelectric Hybrid PZT-PVDF
PumpF. Sager, B. Hargrave, P. Campbell

[2010]

AIAA-2010-6015
Using radar charts to select life support technology
Harry Jones

AIAA-2010-6016
The Virtual Habitat - A Tool for Dynamic Life Support System Simulations
Markus Czupalla, Anton Zhukov, Jonas Schnaitmann, Thomas Bickel, Ulrich Walter

AIAA-2010-6017
Study status of the ECLSS for next manned space mission in JAXA
Satoru Tachihara, Naoki Sato, M. Sakurai, Mitsuru Onishi

[2009] これ以前はAIAAではなくSAEの主催です。ペーパーNoは SAE XXXX-XX-XXXXとなります。
2009-01-2493
Planning Dynamic Simulation of Space Life Support
Harry Jones, NASA Ames Research Center

2009-01-2495
Redundancy Testing and Cost Assessment for Environmental Control and Life Support Systems
Haibei Jiang, Luis F. Rodriguez, University of Illinois at Urbana-Champaign; Scott Bell, David Kortenkamp, NASA Johnson Space Center

2009-01-2494
Theoretical Analysis for Long-Term Space Life Support Reliability
Yevhen Holubnyak, Vadim Rygalov, University of North Dakota

2009-01-2514
Model Confidence Level - A Systematic Metric for Development of a Virtual Space Habitat
M. Czupalla, P. Hager, A. Hein, T. Dirlich, A. Zhukov, M. Pfeiffer, Technische Universitat Munchen, Institute of Astronautics; D. Klaus, University of Colorado

2009-01-2515
Laundry Study for a Lunar Outpost
Michael K. Ewert, NASA Johnson Space Center; Frank F. Jeng, Barrios Technology/ESCG

2009-01-2513
Online Project Information System (OPIS) Description, Annual Reporting Outcomes, and Resulting Improvements (Written Only -- No Oral Presentation)
Julie A. Levri, John A. Hogan, NASA Ames Research Center; Bruce Deng, Jon Welch, Mike Ho, Lockheed Martin

[2008]
 
Advanced Life Support Systems Control

The Advanced Life Support Systems Control session reports on advanced life support system control topics such as: controller technology; control theory and application; autonomous control; integrated system control; control software; and modeling, simulation and emulation for control development.

[2009]
2009-01-2463
Development of Simulation Tool for Life Support System Design Based on the Interaction Model
Hiroyuki Miyajima, Tokyo Jogakkan College

2009-01-2464
Crew Life Support System for Interplanetary Vechicles
B. F. Zaretskiy, L. I. Gavrilov, E. A. Kurmazenko, Nllchimmash

2009-01-2465
Data Abstraction Architecture for Monitoring and Control of Lunar Habitats
Scott Bell, David Kortenkamp, TRACLabs Inc; Jack Zaientz, Soar Technologies Inc

[2008]

 

| Home |