結局、夜間EVAは安全上の理由から許可されず、今日は、日中のEVAだけになりました。
今日の目的地は、1km離れた山のふもとで、地質、生物調査、その後、直線距離で2kmほど離れた氷の湖に移動しました。今日が3回目のEVAです。分かったことは、空調機器が入った15kgのバックパックを背負って、ヘルメットをかぶり活動をするのは、ちょっとした歩行や作業をするだけでも、普段の何倍も疲れるということです(肩、首が痛い)。スペーススーツは、米国宇宙関連企業から提供された簡易的なものを利用しています。Gen 1とGen 2があり、それぞれ長所短所が異なります。使用後、使い勝手などをレポートとしてまとめます。
私は、表面移動探査について研究していますが、宇宙服の性能や地形の状況により、表面移動探査が想定していたよりも難しく、解決しなければならない点が多々あることがわかってきました。まず、GPSがない月や火星ではナビゲーションのために高い解像度(米国の偵察衛星並み)の3次元の地図が必要だと思います。ローバにとっては100mの山に登ることよりも、1-3mの段差のある斜面を超えることのほうが大きな問題になります。地球のように斜面を切り崩して道路を作るわけにはいきません。効率的な移動のためには、3次元の地図を利用して、経路として選択してはいけない場所を早めに特定する必要があります。一方、宇宙飛行士は1-3mの斜面を簡単に登ることができるでしょうが、平面移動は数キロが限界です。
 データ等を用いた学術的な考察は、日本に帰ってから行うつもりですが、備忘録のために感想のみ残しておきます。

明日は、閉鎖空間と快適性について考えてみます。


20131231-1.jpg
ここには Space X のイーロンマスクが寄贈した? MUSK天文台があります。
望遠鏡なしでも、100万個の星が見えるような気がしますが、たまに天文台も利用しています。

20131231-4.jpg
毎日晴れています。外が白いのは、昔降った雪が融けないで残っているだけです。

20131231-5.jpg
地図で探査地点を確認し、事前計画を立てます。

20131231-2.jpg
丘の上に立つ私

20131231-6.jpg
Habの2km北にある湖に到着、凍り付いています。

20131231-3.jpg
この湖を新たに探査地点として整備し、Habに帰る後姿です。4が私です。



 
最近、毎日、メンバーがそれぞれの研究について順番に発表をしています。今朝は、私の担当で、以前MITのセミナーで利用したスライドを用いて1時間ほど話しました。その後は、12月31日の夜間EVA、1月2日の長距離EVAの事前計画書をSKYLINE RIMのGEOLOGICAL SURVEYとMDRS Map Planer (HAL: MDRS Habitat Activity Loggerの機能)を用いて作成しました。

昨日ぐらいから、ちょっと頭がかゆくなってきたのでコップ10杯ぐらいの水で頭を洗いました。やればできるものです。

ここには、世間を感じさせるものが何もないので、2013年が終わるという感覚はどこにもありません。


20131230-1.jpg



 
昨晩、遅くまでメンバーでweeklyビデオを作成していたので、今朝は9時の起床となりました。他のメンバーがEVAに出発し、その間、私はホートンマーズ基地での模擬実験のレポートを読みながら、MDRSについての同様の仕様を調べたり、計測したり、記録したりしていました。

この居住実験の間は、毎日午後7時から9時までの間、ミッションサポートチームの責任者とのメール会議があります。今日は、そのあとメンバーのうち2人が手作りピザを作り、食べたので夕食が終わったのは10時過ぎでした。

明日、月曜日から最後の1週間が始まります。
土曜日は次のクルーに引継ぎがあるので、活動できるのはあと5日間です。
大みそかの夜には、夜間EVAを提案し、実施する方向で計画を組んでいます。(火星ではなく)月では2週間夜が続くので、夜間のEVAのノウハウにも興味を持っています。


 
今日は休憩日で9時起床、日課のヨガを全員で行い、14時までは自由時間、16時頃からみんなでweeklyビデオの制作を始めました。私たちクルーには、youtubuへ30分の動画のアップが週1回義務付けられています。昨日、私が運転するATVでいい動画が取れたので、それを利用しようということになっています。
その他、自己紹介、自分の担当する施設の紹介、ファミリープロジェクトなどが入る予定です。今晩中にアップされるでしょう。

20131228-2.jpg
動画の一コマです。

20131228-1.jpg
今日は1日中曇っていましたが、夕日を見ることができました。
窓ガラスにクリスマスの飾りが反射しています。

 
今日はATVを利用した初のEVAです。4台のATVで出発しようとしたところ、1台のATVのエンジンがかからず、3人で出発しました。今日のコースは地質学者のマイケルが計画したATV1.2km、徒歩0.4kmのコースでした。11時にHabを出発し、4つのWaypointを通過して、2時40分ごろ戻ってきました。考えていたよりも探査範囲を広げることができず、移動にもかなり体力を使いました。ローバを用いて表面探査を計画するときのよいシミュレーションになりました。
(マイケルの立てる事前の探査計画自体はすごく妥当なものだと思いました。)

居住実験を始めて、今日は初めてシャワー(ネイビーシャワー)を利用しました。あと1回くらい利用できるといいのですが。

20131227-1.jpg
ATVを降りて、小川が凍り付いた渓谷を歩いて移動します。

20131227-2.jpg
途中でサンプル採取

20131227-3.jpg
小高い丘の向こうに渓谷が・・・

20131227-4.jpg
地層のスケッチをしています。

20131227-5.jpg
私は、チャールズと一足先に、渓谷を探索しています。

20131227-6.jpg

20131227-7.jpg

20131227-8.jpg
14時にWaypoint4に到着、疲れました。

20131227-9.jpg
ATVでHabに帰還


事前探査計画

EVA Report
Date: 12-26-13
Author: Michael Bouchard

Objective:
1) Investigate a frozen stream bed in this Martian analog environment, and collect 4-6 samples
2) Continue Geologic Mapping Project
3) Collect soil for the Green Hab
4) ATV mobility

Participants: //Gen 2
EVA Commander: Nick Orenstein (radio, suit #7, ATV # 1)
Coms and Nav: Michael Bouchard (radio, GPS, suit # 8, ATV # 2)
Participant: Hiroyuki Miyajima (radio, suit # 9, ATV # 3)
Participant: Charles Parrish (radio, suit # 10, ATV # 4)
Habitat Support CapCom (HSCC): Ian Etter (radio, no suit)

EVA Stats:
Date: 12/27/2013
Start Time: 11:00 am //Depart Hab
Turn Back Time: 2:30
Duration: 4 hours
Distance: 1.2 km one way on ATV, 0.4 km one way walking traverse, return on same path
Forecast: Sunny 35 high, light and variable wind, low of 17 in evening

Waypoints: //pick 3-4 points on a map that you plan to reach during your traverse and check in with HSCC when you reach these locations. Also Check in with HSCC every quarter.
Waypoint 1:
UTM: NAD 27 12S, 518230mE 4250710mN
Arrive Time: 11:05
Depart Time: 11:10
Location: South of the Hab
Waypoint 2:
UTM: NAD 27 12S, 518875E 4250720mN
Arrive Time: 11:30
Depart Time: 11:50
Location: First Dig site, sample and survey, West of the Hab
Waypoint 3:
UTM: NAD 27 12S, 518900mE 4250000mN
Arrive Time: 12:30
Depart Time: 12:35
Location: Park ATV's, North or Waypoint 2
Waypoint 4:
UTM: NAD 27 12S, 518900mE 4250300mN
Arrive Time: 2:00
Depart Time: 2:10
Location: West of the parked ATV's hike in, farthest extent west

事後報告
EVA #: GeoEVA_2/GHEVA_1
EVA Date: 12-27-13
EVA time slot: morning/afternoon (11-2:40)

Objectives and Plan overview, please comment on preEVA expectations:
1) Investigate a frozen stream bed in this Martian analog environment, and collect 4-6 samples
2) Continue Geologic Mapping Project
3) Collect soil for the Green Hab
4) Complete a mobility study on the ATV's

Narrative EVA report:

This EVA was our second Geology and first Green Hab mission (GeoEVA_2/GREVA_1). We went to a frozen river valley East of or first Geology/Astrobiology site. We took the ATV's and made two stops before parking along the road and walking into the site. We successfully accomplished all EVA objectives and returned with all equipment, personnel and ATV's intact with no incident.

We began the EVA at 11:00AM MST (Mars Standard Time). We left later in the day to allow the Green Hab crew to implement part of their project that requires time to dry. We headed out, made our first waypoint outside of the Hab and checked the ATV's. We discovered that Commander Orenstein’s ATV, number 4, would not start. Commander Orenstein was the EVA commander and made the call to stay at the Hab, passing EVA command responsibilities to Officer Bouchard, Crew Geologist. Commander Orenstein entered the Hab and the remaining three EVA team members departed.

We kept the ATV's on the road and kept ourselves at a safe slow pace. The ATV's proved to be very effective forms of transportation and we reached the first stop in very good time. The first stop was a stream overflow platform identified from imagery. The team thought that this might be a good place to collect soil for the Green Hab. However after making our second waypoint check-in we realized that we had forgot all excavation equipment at the habitat. Since it was so early in the mission and we had made great time we radioed the Hab to let them know that we were returning to pick up the shovels and to prepare the airlock.

When we returned to the site we discovered it a poor site for soil collection. The ground was completely covered with snow, and even after removing this we were only able to get a few centimeters into the ground. We took a Geologic sample for analysis and returned to the ATV trail.

We followed the ATV trail North until we reached the base of the peak at X, Y. Here we dismounted, made our third way point and collected our equipment to begin the walking section of the traverse. We made our way East into a frozen river channel . We collected five more Geologic samples and retrieved five gallons of sediment for the Green House. We made our fourth and final way point at the farthest East point of our traverse before beginning to the return trek.

This section of the traverse was very successful and have us a lot of great data. The eroded river banks allowed us to see the layers below our feet. At its deepest the channel walls stood 6-7 meters high and averaged about 10-12 meters across. Laden with samples and soil we returned to the ATVs and drove back to the habitat. We reach the Hab at X:XX, where we unloaded and refueled the ATV's.

Despite having three instead of four members the EVA team met all mission objectives and successfully completed out first ATV traverse.

Equipment Report:
SCLSS: The three packs that work worked
Helmet, visibility: Number 10 still has issues with helmet staying mounted. We think the pipes are pushing on it. This leads to a very sore neck too.
Air flow: good, not very noticeable
Coms, usage, drop outs: pretty good. Signal got spotty as we got farther into the river valley and my grey radio turned itself off
Gear, boots, gators, caps, gloves: worked well
Water, usage, accessibility: did not drink much
GPS: worked well. I dropped it when the back popped off, but found it
Digging Equipment: shovels and rock hammer
Other: GoPro on the ATV worked great!
ATV: Nick's did not start so we left him at the hab, but the other three ran great

Procedure Report:

Waypoint Check in:

>missed the third one because it was hard to understand, some obstruction from geography, but otherwise worked well

Half Hour Check in:

>worked well

Airlock Procedures:

>works great

Checkin Times
time: 10:15 Departed from Airlock

time: 10:20
Location: UTM 27, 12S, 518230mE 4250740mN
Comment: Check in, all radios working, ready to depart

time: 11:59
Location: 518389mE 4251521mN
Comment: tried to check in at 11:59 but there was no radio contact. We stopped to make sketches. At 12:20 Habitat contacted us for a check in, radios worked then.

time: 2:02
Location: UTM 27, 12S, 518750mE 4250790mN
Comment: EVA team realizes that they have left a camera behind and radio to CapCom to let them know that they are retracing their steps to retrieve the camera.

time: 2:20
Location: UTM 27, 12S 518464 4251404
Comment: Commander calls to EVA team about tardiniess. EVA team confirms that they have retraced their steps and are now turning back to habitat.

Way Points
Waypoint 1:
UTM: NAD 27 12S, 518230mE 4250710mN
Arrive Time: 11:05
Depart Time: 11:10
Location: South of the Hab

Waypoint 2:
UTM: NAD 27 12S, 518875E 4250720mN
Arrive Time: 11:30
Depart Time: 11:50
Location: First Dig site, sample and survey, West of the Hab

Waypoint 3:
UTM: NAD 27 12S, 518900mE 4250000mN
Arrive Time: 12:30
Depart Time: 12:35
Location: Park ATV's, North or Waypoint 2

Waypoint 4:
UTM: NAD 27 12S, 518900mE 4250300mN
Arrive Time: 2:00
Depart Time: 2:10
Location: West of the parked ATV's hike in, farthest extent west
 
今日はEVAなしの日です。HABで7人ともそれぞれの作業をしています。

今朝、重要な変更情報が入りました。水の供給が1日遅れる模様。
水の管理はエンジニアの仕事です。

生活と実験のために7人で1日350リットルの水を使用している。前のクルーの1日150リットルに比べると2倍以上の消費である。前のクルーは水供給系統が凍り付いて破損したため水をあまり使用できなかったため消費が少ないのであろう。
残り700リットル、しかし底のほうはポンプの性能もあり利用できない。実質利用できるのは600リットル以下であろう。

昨日から水の使用量を制限している。
食器は洗わないでナプキンで拭くようにしている。まるで永平寺のお坊さんのようです。

明日はいよいよ、私の一番の研究対象となっているATVを使ったEVAを行います。



20131226-1.jpg
コマンダーのニックが自分の部屋から撮った夜空

20131226-2.jpg
芸術家のイアンが創作中

20131226-3.jpg
GreenHABの改修中

20131226-4.jpg
マイケルの作品

20131226-5.jpg
宇宙生物学者のウシャ

20131226-6.jpg
ファミリープロジェクト、みんなで一筆ずつ順番に書いていきました。



 
BioEVA, GeoEVAの4名のHabitat Support CapCom (HSCC)を担当
探査計画は、前日の反省点を修正して同じポイントを回る4時間の計画に変更
エアロック操作、ウェイポイントチェック、クオータチェックを無線で行う。

10時20分エアロックを出発。
前日と同じウエイポイントを回るコースですが、地質学者と生物学者によるサンプル採取作業のため昨日に比べると大幅に時間超過。
予定の4時間を過ぎた時点で帰還するように連絡する。
14時40分エアロックに帰還。4時間20分のEVA。

20131225-1.jpg
Christmas on Marsをみんなんで鑑賞

20131225-2.jpg
クリスマスイブ

20131225-3.jpg
GreenHAB準備完了

20131225-4.jpg
EVA中に Crew 132 登場

20131225-5.jpg
地質学者と生物学者のEVA

122513-7.jpg
出発前の風景

20131225-7.jpg
事前に決めた時間にクルーに確認した位置を地図で確認します

20131225-8.jpg
CapComの道具

 
初めてのEVA、EVAスーツを着て4名のクルーが午前10時20分ごろMDRSを出発、付近の4つのウェイポイントを徒歩により探査。EVAスーツの不具合等をチェック。ヘルメットがくもり視界が遮られる。ヘルメットが首を前に押して首がかなり痛い。スーツが重く、1.6キロ程度の移動に3時間以上かかり、体力を大幅に消耗する。

停電後の給湯設備の復旧方法に間違いがあったことに気が付き、復旧作業を再作業。給湯機へ電力が供給されていないことに気が付く。ブレーカーが中途半端な位置で止まっているのを発見し、スイッチを入れなおす。
前のクルーに比べて水の消費量が多いことに気が付く。
EVA中に無線機4台のうち2台故障。

EVAリポートはこちら



20131224-2.jpg
EVAスーツ装着

20131224-3.jpg
EVAスーツ装着

20131224-4.jpg
エアーロック

20131224-5.jpg
EVAスタート

20131224-6.jpg


 
この日の仕事

研究計画ブリーフィング、EVA計画立案(地質学者のマイケルが立案)
ワイヤレスネットの修復作業、ワイヤレスルータを交換し再設定。

20131223-1.jpg
天然のメガスターと月

20131223-2.jpg
HAB上階の窓

20131223-4.jpg
HAB上階の食堂兼、ミーティングルーム

20131223-5.jpg
HAB下階実験室

20131223-6.jpg
HAB上階の窓からの風景


 
7名のメンバーとMDRS居住実験開始

20131222-1.jpg

12/21(土)
13時ごろグランドジャンクションを2台の車で出発、そのうち1台が故障し、貨物とクルー3名がもう一台に乗り換え、再出発、クルー7名は16時ごろMDRS到着。

初日、いきなり0時過ぎに電力供給系統の故障によりHAB停電、HAB内の温度がどんどん下がっていく。

12/22(日)
1日朝夕2回の定期的な水、エネルギーの消費量チェック開始
ISPルータ、ワイヤレスルータの設定を確認し、不具合の位置を確認し、ワイヤレスルータを交換し再設定することにする。

 
2013年秋学期も最終週になり、私が聴講しているSpace Habitat Designのクラスでは12月18日学生の最終プレゼンが行われました。

ロッキーマーチンRoomで7時半に始まり10時15分ぐらいに終わりました。
1チーム25分の発表、5分の質疑応答ですが、7人の審査員がかなりの質問やアドバイスをするので5分では終了していませんでした。(なぜが、私も審査員の一人)

テーマは以前にも紹介したように、
Inspiration Marsの学生コンペ http://www.inspirationmars.org/
Revolutionary Aerospace Systems Concepts - Academic Linkage (RASC-AL)のコンペ http://nia-cms.nianet.org/RASCAL/Program-Info/RASC-AL-THEMES.aspx
を扱っています。各テーマ2チームずつあります。

発表の流れは事前に次のように指示されています。
1. Team and Project introduced, Mission Objective clearly stated with any necessary GR&A
2. Major Functional Objectives indicated and grouped by Subsystem
3. Relevant Mission Phases identified with summary of DRM/ConOps
4. High level Architecture Options identified and Baseline down-selected
5. Scaled sketches showing layout of baseline design
6. Subsystem overviews with mass & volume estimates for each
7. Overall mass analysis results / comparisons with explanation of processes used
8. Summary of Launch Vehicle compatibility (mass capability and shroud volume)
9. Key ‘take homes’ (golden nuggets) and ‘next steps’ summarized
10. Slides were legible & effective / Questions answered thoroughly & professionally / Good use of time

4か月間のグループワークの成果発表です。

20131218-1.jpg
最終プレゼン前の最終打ち合わせ

20131218-2.jpg
最初のチームPROMIS (Inspiration Mars)

20131218-3.jpg
審査員の採点表、学生もお互いに同じ用紙で採点をしています。

20131218-4.jpg
Baseline Design、コンセプト、大きさ、質量などについて説明しています。

20131218-5.jpg
審査委員(元宇宙飛行士の教員、宇宙船を設計している企業のエンジニアなど)の方からは厳しい質問や意見が次から次へと・・・

20131218-6.jpg
2つ目のチームLITEHAB (RASC-AL) HABデザインに焦点
Habitat Operationについての流れを説明しています。

20131218-7.jpg
3つ目のチームMAVERIC (Inspiration Mars)

20131218-8.jpg
4つ目のチームECLIPSE (RASC-AL) LABデザインに焦点

20131218-9.jpg
審査員からの意見

20131218-10.jpg
参加者:審査員と教員8名、学生30名弱

この最終プレゼンでは、最終案の素晴らしさではなく、有人ミッションおよび宇宙船の設計の基本的な手順をきちんと検討しているかどうかについて評価されます。

先週の予行練習では、まだまだ不十分な内容でしたが、最終プレゼンでは、どのチームもかなり良い内容に仕上げていました。お疲れさまでした。


 
結局、Crew131は、ヒータの故障の他に、別のトラブルもあり、17日に外部に出ることになってしまいました。外部にいるミッションチームが指示を出し、様々な熟練度のクルーが居住実験を行う難しさを感じさせられる出来事でした。
私は、20日(金)にボルダーを離れグランドジャンクションに移動し、21日(土)にCrew132の他の6名のクルーと一緒にレンタカーでユタ州ハンクスビルのMDRSまで移動します。
本来予定されていたCrew131との引継ぎはどこで、どのように行うのでしょう・・・


 
Crew131の実験が始まって2週目に入りました。ミッションサポートメール(現クルーと次のクルー、ミッションサポートメンバーのメーリングリスト)を見ていると、寒さで水道管が破裂したり、ヒータが故障したりで、結構大変な状況のようです。今日は確か、最高気温が0度付近、最低気温が-10度付近です。最悪の場合、MDRSから退避という選択もあるようです。
今週の土曜日から居住するのですが、大丈夫でしょうか。車の許容量の関係で、一人当たりの荷物はあまり増やせないのですが、室内での防寒対策も考えなければならなくなりました。


 
MDRS Crew132の居住実験参加まであと1週間、
12月12日、装備品の準備が完了しました。
不足していたものは、TARGET、SPORTS AUTHORITYで購入しました。
持参しなければならない装備品は以下になります。

装備品リスト

今までの流れを簡単に説明すると以下のようになります。
9月に申し込み、10月の初旬に選抜の結果が届きました。応募フォームは以下のようなものです。

2013-2014応募フォーム

11月になるとコマンダー向けのメーリングリストが準備され、手続き等について連絡が届き始めました。
(私はCrew137のコマンダーとして登録されています)

2013-2014のローテーションは以下のようになっています。

2013-2014 Crew

12月に入ると以下のような提出書類や資料が届きました。

提出書類
・メディカル web
・参加費支払い PayPal
・事前研究計画書 web (不具合がありwordで提出)

資料
・食材リスト
・装備品リスト


ローテーションが始まるまでの間に、
コマンダーが集合時間や移動方法について調整していきます。
前日の夕方までに、グランドジャンクションのBest Western Sandmanに集まることになっています。
そして土曜日の朝、火星協会が手配したレンタカーで、ユタ州ハンクスビルのMDRSまで移動します。
(Crew132 Mars Society Crew Iの場合は12月21日に移動、Crew137Team Nipponの場合は3月1日に移動)

12月7日からCrew131が居住開始し、Crew 132にもミッションサポートメールが届くようになりました。
1日50通程度のメールが届きます。これを読んで次のクルーは、現場の状況を把握しなければなりません。
思っていたよりも、たくさんのトラブルが日々発生しています。ミッションサポートチームの指示を受けながら対応しているようです。

Crew132居住開始までに状況が少し落ち着くといいのですが・・・



 

| Home |