2年ほど前から、月面で有人探査を行うときの、居住棟、与圧ローバ、EVAなどの生命維持システムの運用法について検討しています。

月面拠点から数百キロ離れた場所に与圧ローバで遠征し、不測の事態にも対応できるように、生命維持に必要な物質を供給するロジスティクス(物資供給装置)の運用法を開発しました。

今までは、2次元の平面上の問題で、本手法の検討をしていたのですが、実際の月面の地形を用いて検討をしてみることにしました。

作成したものは月面南極域 緯度-85deg~-90deg の地図

利用したデータは、JAXA 月周回衛星かぐや の南極の1/64度グリッド高度データLALT_SP.txt

高度な専用ソフトを利用しないでExcelでグラフ化できるように
(上記のような解像度のデータでは、Excelではグラフが描けません)
まず、経度、緯度、高度のデータを、xyzの座標系に変換し、
2km x 2km の範囲の平均高度を計算、これを2次元配列に格納するプログラムを作成しました。

テキストファイルに出力したこのデータを
Excel を利用した地理情報システム(GIS)の方法 千葉県立小金高等学校 小林岳人 を参考にグラフ化しました。それが下記のグラフになります。このグラフの高度方向(Z)の長さは20倍くらい拡大されていますので、実際の高低差はこのイメージとは異なります。

southpole_map200-2.png
緯度-85deg~-90deg、経度-90deg~90deg

手前が南極、奥が地球方向、横に300km、奥行150kmぐらいです。平面になっているところは、今回の作図範囲外(-85deg以上)です。2つの山
Malapert(左)
Coordinates: 84.9°S 12.9°E

Leibniz beta (右)
Coordinates: 84°S 30°E
が確認できます。

次に、同じデータを用いて、Excel2010の条件付き書式設定により高度差がわかるようにしました。
先ほどと同じ場所の地形図です。
オレンジのひし形が、Shackleton (crater) 89.9°S 0.0°Eにある月面拠点です。
青い部分が低地、赤い部分が高地です。
sp_map200.png

Excel2010条件付き書式設定による月面南極域地図(緯度-85deg~-90deg、経度-90deg~90deg)


データ処理と作図に一晩かかりましたが、次は本題の月面有人ローバと生命維持システムの運用について検討します。

論文の締め切り3月22日まで1か月を切りました。

 
5年ほど前に新横浜のラーメン博物館で安藤百福さんのカップヌードル発明の映像を見て以降、クリエイティブシンキングの講義に利用できるなと思っていました。

そのとき大阪府池田市にインスタントラーメン発明記念館があることを知り、その映像について問い合わせてみましたが、全く返事がありませんでした。

昨年9月、ついに横浜にカップヌードルミュージアム(安藤百福発明記念館)がオープンしました。

本日は、経営情報システム論、マルチメディア論の授業の補講で、当施設の見学を行いました。

内容
11時00分 百福シアター
11時30分 カップヌードルファクトリ(1食300円)
12時20分 安藤百福ヒストリー、クリエイティブシンキングボックス、百福の研究小屋
13時頃   課題を提出して解散

課題
安藤百福のクリエイティブな発想を知る6つのキーワードを、日常生活の中でどのように応用できるか具体的な事例を1つ以上挙げなさい。

cn1.jpg
6つのキーワード
 1.まだ無いものを見つける
 2.なんでもヒントにする
 3.アイデアを育てる
 4.タテ・ヨコ・ナナメから見る
 5.常識にとらわれない
 6.あきらめない

cn2.jpg
4 タテ・ヨコ・ナナメから見る

cn3.jpg
Creativeの文字が見えるでしょうか?

cn4.jpg
5 常識にとらわれない
近くにあるものは大きく見え、遠くにあるものは小さく見える。
見かけの大きさと、実際の大きさは違います。

cn5.jpg
安藤百福さん事業に失敗して、47歳の時にインスタントラーメンの開発を始めたんですね!
人生どん底、いくつになっても再挑戦ができるということでしょう。
(学生がこのパネルを写真に撮っていました)

cn6.jpg
みんなでつくった手作りカップヌードル、まずは製造年月日を記入し、各々が模様を書き入れました。

cn7.jpg
4つから1つの味を選び、12種類の具から4種類を選びます。

cn8.jpg
最後にシュリンク包装をします。120度の熱で、カップに密封します。

終了後、NOODLES BAZAARワールド麺ロードへ移動し、麺を食べながら課題を行い、提出後解散しました。来学期も授業でこの施設を利用しようと思います。


 

| Home |