・Human Exploration of Mars Design Reference Architecture 5.0, NASA-SP-2009-566
 有人火星探査を検討しているシリーズです。このシリーズを読み始めて10年くらいが過ぎ、現在では5.0になっています。2005年以降に有人月面探査計画が盛り上がる前は、このシリーズを用いて有人火星探査ミッションを検討することが盛んに行われていました。

・Logistics Lessons Learned in NASA Space Flight, NASA/TP-2006-214203
 過去の宇宙開発で得られたLogisticsに関する経験が書かれています。 

Haughton-Mars Project Expedition 2005, NASA/TP-2006-214196
・北極から1500キロの距離にあるカナダ領デヴォン島で、未来の有人火星探査に向けて行われているプロジェクト
 

| Home |